psychopath

サイコパスに同情心を利用されないために『人間関係に原則をつくる』こと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
サイコパスに同情心を利用されないために『人間関係に原則をつくる』こと

誰かと人間関係を築いていく上では”誰とどのように付き合っていくか”という決断を迫られる機会はたくさんあるかと思います。

そしてよほど割り切れる考えをもっている人でない限り、「相手に自分の本音をどこまで話して良いのだろう」と考えたり、「この人との関係は何が起こったら断ち切るべきなのだろう」と判断に迷ってしまう事はよくあるのではないでしょうか。

サイコパスに同情心を利用されてしまったり、優柔不断の隙に付け込まれたりしない様にする為にも、自分の中に”人間関係の原則”という物を持っておく事がおすすめです。

 

 

人間関係の原則とは?

人間関係の原則って何?と思う人もいるかもしれません。

人間関係の原則とは?
人間関係の原則というのは、『○○な相手とは深くまで付き合わない(もしくは人間関係を断つ)』、『○○な相手とは深く付き合う』というように自分なりのルールを決めておく事です。

 

人間関係に明確なルールを決めておくことが大切

付き合いが長くなってきたり、相手に同情心を持ってしまうと、望んでいなかった人間関係であってもついずるずると続けてしまう事があります。

このような状況を避ける為にも人間関係に明確なルールを決めておく事で、このような状況を防止していこうという考え方です。

私の場合は、自分より下の立場の人間に冷たい態度をとる人とはプライベートでは付き合わないと決めています。

 

怒鳴り散らす上司、高圧的になる人とは付き合わない

例えば、上司に対してはとても腰が低く丁寧に接しているのに、部下に対してはその人の人間性を否定するかのように怒鳴り散らす上司であったり、自分のお客さんに対してはとても態度が丁寧なのに、いざ自分が客となり店員などと関わる時に高圧的になる人などが当てはまります。

このような人は結局のところ浅はかな損得勘定をベースにして人と付き合っているかと思うので、しもこちらが気に入られたとして一時的に仲良くなったとしても、最終的にはロクな事にならないのではと思うからです。

他にも、人間関係の原則を決める基準としては以下のような物が挙げられます。

決める基準例
  • 3回以上嘘をつかれたら、もうその人の事は信用しない。(“良心のない人たち”より引用)
  • 頻繁にお金を貸してくれとせがむ異性とは交際しない。
  • 同情にすがって人助けを求めてくる人を助けるのは1人につき1回だけと決める。

 

この人間関係の原則を決める基準はあくまでも例

人間関係という曖昧なものに対して、全てを機械的に判断する事は非常に難しいです。

ですが、少なくとも何もルールが無い状況よりは、はるかに判断を下しやすくなるかと思います。
人間関係で悩んでいるのであれば、このような自分なりの人間関係の原則を決める事で人間関係が改善されるかもしれません。

 

 

おわりに

自分の中でも、「こういった人とは絶対に付き合わないようにしよう」という基準を持っておくことをオススメします。

その基準がないと、いざという時にどうしようもなくなってしまう状況に追いやられてることがあるかも。。。

その基準がないと、いざという時にどうしようもなくなってしまう状況に追いやられてることがあるかも。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る