psychopath

気をつけろ!サイコパスの被害に遭いやすいタイプの人は・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
気をつけろ!サイコパスの被害に遭いやすいタイプの人は・・・

草食動物を食べる事で生きているライオンは、どのように獲物に近づけば良いかという事を熟知しています。

夜行性の小動物を主食としているフクロウは、暗闇の中でも周りを見通せる視力を持っています。

そして人間社会に生きているサイコパスも、自分にとって都合の良いように利用できる獲物を見極める能力に長けているのです。

 

 

捕食者(サイコパス)と被害者になりやすい人の関係

サイコパスは捕食者である

“診断名サイコパス”の著書であるロバート・Dヘア氏は、サイコパスを人間社会における捕食者であるという表現をしています。

良心や善意の言葉にさえ耳を貸さなければ、人間社会の中では自分の力で何かを成し遂げていくよりも、他人の成果を横取りした方がもっと効率的であるという事をサイコパスはよく知っているのです。

例えば、単純に労働して100万円稼ごうと思えばそれなりの期間がかかりますが、人から上手くだまし取ってしまえば1日で100万円を手に入れる事も可能となります。
だからこそサイコパスは、自然界の捕食者たちがそうであるのと同じように、自分の餌食になりそうな人間を見極め、見つけ出すのです。

有能であり人を支配する事で生きているサイコパスは、自分に逆らわずしたがってくれる下僕を、反対に他人に依存する事でのらりくらりと生きている。
寄生中型のサイコパスは、自分を養ってくれる人を見つける能力を持っている。
という具合になります。

思い返してみると、あなたのまわりにもこんな人いますよね?

 

サイコパスの被害者になりやすい人物

相手側が強引な要求をしてきた場合であったり、時には暴力的であったとしても、自分にも非があるから、自分さえ我慢したら上手くいくと考え、自分の反発心を押し殺すタイプの人は、支配型サイコパスの被害者になりやすいと言えるでしょう。

人と関わっていく上で、常に他人に主導権を握られている人や、自分の意見を言う事が苦手な人は特に注意が必要となります。

また、理不尽な扱いに耐えていくという事を自分自身の美徳というように取り違えている従順なイエスマンのような人も支配型サイコパスに利用される可能性が高いと言えます。

反対にこの人はダメな人だから私が付いていてあげなければ、困っている人を見たら放っておけないというような考えで、他人に手を差し伸べるという事が自分の使命だと感じているタイプの人は、寄生中型サイコパスの被害者になってしまわないよう注意する必要があるのです。

特にカウンセラーや教師、セラピストやソーシャルワーカーといった職種の人はこのようなタイプの被害者になりやすい人といえます。

 

 

おわりに

友達からの無理な誘いやお願いに、NOと言えないという人。

詐欺に引っかかりやすい人や、ネットワークビジネスに勧誘されことわれない人。

もし当てはまったら、あなたはもうサイコパスに出会っているかもしれませんよ。

もし当てはまったら、あなたはもうサイコパスに出会っているかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る