psychopath

人間の性格をオレンジに例える「オレンジ論」が恐ろしい・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

以前、心理学に関係している話で、ある人が人間の性格を果物のオレンジに例えて話している事を聞いた事があります。

オレンジの断面は円を何度も分割したようた形をしていて、小さな扇型が何個も存在しています。

人間の性格もこのオレンジと同じで、1つ1つの扇型が攻撃性であったり、愛情であったり責任感であったりして、1人の人間人格の形をオレンジの扇型が作っているという考え方になります。

このオレンジ理論によると、人間はみんな分割されている果肉の数(扇型の数)は同じです。
それぞれの果肉の大きさの違いによって性格の違う人間が存在しているという事になるのです。

 

割合の違いからくる性格の違い

例えば、責任感の部分の果肉が大きい人もいれば、もちろん小さい人もいます。
しかし責任感という果肉を全く持っていない人は基本的に存在していないのです。

なので占い師などはこれを利用し、「あなたはちょっと臆病な部分がありますね」などと、さもこちらの事が予めわかっているかのように語り掛けてくるのです。

こうする事で警戒心や恐怖心は誰の心の中にでも少しは存在しているので、相手の言葉に影響されやすい人(騙されやすい人)は「すごい!当たってる!」と感じてしまうという事なんです。
(このような話術はコールドリーディングなどと呼ばれています。)

 

私達はみんなオレンジである

良い意味で解釈するのであれば、私達はみんなオレンジであるからこそ、人が絶対に持っている感覚を共通の言語としてコミュニケーションを取る事が出来ているのだとも言えます。

「誠意をもって接する事できっと理解してくれる」
「悪い人に思えるけど、あの人にも良いところはあるはず」
という考えの根本にあるのも、この共通言語であって共通の感覚なのです。

 

サイコパスの心の穴

しかしサイコパスに限ってはこのオレンジ理論の範疇(はんちゅう)に入らないと考えた方が良いかと思います。

サイコパスのオレンジには”愛情”や”良心”といった人間同士の絆になる部分が存在しません。
その分他の果実が大きいのか、誰かが食べかけで捨てたオレンジのようにぽっかりと一部分に穴が空いている状態かという事まではわかりませんが、とにかく常識が通用するような人格ではないのです。

そしてもう1つ重要なのが、本物のオレンジでも中には果肉の区切りがいびつな物が存在するように、人間の中でもたとえサイコパスでない場合にも、重要な部分の果肉が極端に小さい人、つまりサイコパスに限りなく近い存在の人がいる可能性があるという事になります。

 

 

おわりに

どうですか?「オレンジ論」
あなたは当てはまりませんでしたか??

もし「ハッ」と思うことがあれば、気をつけた方がいいかもしれませんよ。

もし「ハッ」と思うことがあれば、気をつけた方がいいかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る