psychopath

サイコパスは人を物とみなす。その心理とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
サイコパスは人を物とみなす。その心理とは?

サイコパスが自分以外の人のを一種のとしてしか判断しないという感覚は、普通の人達からするとその感覚はなかなか想像しがたいものかと思います。

当サイトの他のページでも書いているように、相手がゲームのように架空の存在であればたとえ良心を持っている人であっても、サイコパスならためらわずに銃で撃ち殺したりする事も出来るかと思います。

しかし、仮に相手が生身の人間だった場合には、何らかの大事な部分があったとしても、良心を黙らせるという事はそう簡単な事ではないでしょう。

そこで今回は歴史上、実際に起こった事から人が人を”物”として扱っている時の心の心理について考察していきたいと思います。

 

人間以下として扱われる人々

現代社会の中でも特に先進国では人を差別する事は悪い事とされていて、マスコミなどでも差別的な扱いであったり、差別と捉えられてしまいがちな表現を規制しているのが普通です。

しかし、これまでの歴史を少し振り返ってみただけでも、人が人を物や家畜と同様に扱っていたという事例はたくさん存在しています。

特に有名な事例であれば、ナチスドイツによるユダヤ人迫害対策などがその代表例になりかと思います。
1930年代にはたくさんのユダヤ人が市民権や職を奪われたり、殺されたりしたのです。

 

40年~50年前まで、アメリカでは黒人は奴隷として扱われた

また、アメリカなどの国では黒人は奴隷として働かされ、参政権も与えられず白人の理不尽な命令にも従わなければならなかったのもつい40年~50年程前の話になります。

ナチスドイツのユダヤ人迫害対策に関しては、独裁者であるヒトラーがそもそもサイコパスであると考えられているので、サイコパスが犯した大罪の1つと捉える事の出来る事例です。

しかし、後者の黒人の奴隷制度については、ごく普通の人達により長く運用されてきた物なのです。

 

大罪を犯した人は非人間?

対策や時代、文化的背景という前提が無い場合であっても、善意や良心を持っている普通の人が自分以外の他人を物として扱う事があるというのも真実なのです。

例えば米国の市場調査会社が電話である調査を行ったところ、9.11テロの首謀者であるマ・ビン・ラディンの死刑の様子は回答した21%もの人が「お金を払ってでも見たい」と答えたそうです。

死刑制度自体の良し悪しは別として、良心や愛情を持っている普通の人でさえ、次第や事によってはサイコパスと同じように自分以外の他人を物と見なせる時があるという事なのかもしれません。

 

 

おわりに

私はサイコパスじゃいないから大丈夫!
そう思ってる人ほど、サイコパスの可能性を秘めているのかも。

サイコパス診断。これをまずは試してみることをオススメします。

サイコパス診断。これをまずは試してみることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る