psychopath

サイコパスとデミ・サイコパスの違いとは?恐ろしい人物像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こちらの記事で人の性格を果物のオレンジに例える話しを紹介しましたが、区切られている果肉の1つ1つの大きさが人によって異なるのであれば、サイコパスの他にも危険な人格を持っている人が存在するかもしれないという事は想像できます。

 

デミ・サイコパスは、半サイコパスといえる

デミ・サイコパスは善良な(常識で普通の範囲と思える)人とサイコパスの中間のような存在です。

つまり、このような人々は良心や善意が限りなく小さい場合や、良心を圧迫している他の要素(支配欲や攻撃性など)がとても大きく、良心や善意がほとんど顔を出さないような人々です。

当サイトではこのような特徴を持っている人々をデミ・サイコパス(半サイコパスという意味)という名前で定義し、紹介していこうと思います。

 

デミ・サイコパスの人物像とは?

デミ・サイコパスはサイコパスとは違い、良心や善意、愛情を全く持っていないというわけではありません。

しかしその対象となっている相手が極端に偏っている場合や、その時の自分の精神状態により全く良心や善意が発揮されないという厄介な性質を持っています。

例えば、自分の家族以外の人なら平気で殺す犯罪者であったり、気に入った部下以外には冷遇し、パワーハラスメントを繰り返す上司。
または自分自身の事以外は全く目に入っていない極端なナルシストなどはこのデミ・サイコパス当てはまります。

 

サイコパスとデミ・サイコパスの違い

サイコパスとデミ・サイコパスの人は、誕生する仕組みや治療ができる可能性などの違いがあるので、別物として扱っていくのがふさわしいのではないかと思います。

例えば、幼少期の虐待などが原因として生まれたデミ・サイコパスは被害者でもありので、純粋なサイコパスと同じように同一視してしまう事は差別にもあたるという意見もあるかと思います。

もしも我々がカウンセラーや精神科医、裁判官のような、他人の人生に責任を持たなければいけない立場にあるのであれば、相手の人格がどのようにして成り立っているかという事を見極めるのも大切な事です。
安易な考えで判断を下すべきではありません。

 

自分や自分の周りの人間が被害に遭わないことが大切!

しかし、当HPの目的はこのような診断したり、誰かに裁きを下すという事ではなく、危険な存在を察知し、自分や自分の周りの人間が被害に遭わないようにする事です。

自分の身を守る上で大切な事は、単純に空いてが危険な存在であるかどうかを判断できれば良いのです。

サイコパスかデミ・サイコパスであるかという事を考えるよりも、まずは自分が安全圏に逃げる事を最優先にしましょう。

 

 

おわりに

サイコパスか?
デミ・サイコパスか?
こんなのはどうでもいいことです。

それよりも、サイコパスに当てはまる友達がいたら、自分が傷つけられる前に離れることをオススメします。

それよりも、サイコパスに当てはまる友達がいたら、自分が傷つけられる前に離れることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る