psychopath

サイコパスは普通に見えるから要注意!あなたの隣の人はもう…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
サイコパスは普通に見えるから要注意!あなたの隣の人はもう…

サイコパスが全く良心や愛情を持っていないと聞くと、連続強盗犯や連続殺人鬼のような人を思い浮かべる人も多いかと思います。

確かに気持ちのブレーキを持ち合わせていないサイコパスが、「人を殺したい」「誰かを傷付けたい」という衝動に駆られた場合には凶悪犯罪に結びつく可能性は非常に高いです。

  • 「羊たちの沈黙」という映画でアンソニー・ホプキンス氏が演じたレクター博士
  • 「黒い家」で何人もの人を殺して自分の家の床下に隠していた菰田幸子
  • 現実の世界であった連続殺人鬼のテッド・バンディー

などはまさに凶悪犯罪型サイコパスです。

 

“サイコパス”と“人を殺す事に快楽を感じる”という性質は別物

サイコパスと人を殺す事に快楽を感じるという性質は別物

“サイコパス”と、“人を殺す事に快楽を感じる”という性質は別物です。

サイコパスだからといって、犯罪を犯す事で結果的に自分にも不利な状況が訪れる事を認識できないわけではありません。

意外な事に、ほとんどの場合はサイコパスは犯罪者として名を知られるわけではなく、ごく普通の(周りから見るとそう見える)人として、私達の中に紛れ込んでいるのです。

サイコパスだからといって、特に人相が悪いという特徴も無いです。
また、変わった服装を好んでいたり、近所で有名な変人であったという事もごく稀。

挨拶をしたら笑顔で返してきて、結婚もしていて、さらに子供もいる。
などといった、むしろ普通よりも感じの良いと思われている人の中にでも、サイコパスは紛れ込んでいる可能性があるのです。

 

“認識しにくい”というサイコパスの恐怖

認識しにくいというサイコパスの恐怖

これはサイコパスに限った事ではないですが、遠くから見ていてすぐに危険だという事がわかる存在であれば、それは実はそれほど大きな脅威ではありません。

例えば地面に大きな穴が空いていたとしても、それが見えて把握できているのなら、自ら避けるという事ができ、避けるという行為自体は難しくない事だからです。

本当に恐ろしいというのは、むしろ普通に見える地面に落とし穴や地雷原があるという事です。

このような場合には気付かず通り過ぎてしまう事で、深い落とし穴に落ちてしまったり、気付かずに地雷原を踏んでしまい思わぬ被害を被る危険性がありますよね。

サイコパスの場合はこの落とし穴や地雷原のように、一見にして見抜く事はとても難しい存在です。

 

おわりに

私達はサイコパスがどのような特徴を持っているか、を事前に知っておくことが重要です。

また、サイコパスらしいと思われる人が近くに存在している場合、または近づいてきた場合には、自分で身を守る方法を知っておく必要があるのです。

サイコパスの特徴を知っておくことが重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る