psychopath

サイコパスは悲しみを持たない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
サイコパスは悲しみを持たない。決して傷つくことのない奴ら…

思いやりといった心がある人にとっては、他人の申し出などを断ったり、これまで関わってきた人間関係を絶つという決断をする事自体が大きな苦痛になるかと思います。

また、普段から礼儀の正しい態度を心がけている人や、周りに嫌な印象を与えてくないと強く思っている八方美人タイプの人などは、厄介な人間関係を避けていくのが難しいタイプの性格だと言えます。

しかし、関わっている相手がサイコパスであった場合、「相手を傷付けない様に」とか「無礼のないように」という考えすら裏目に出てしまう事があります。

 

時には弱点になってしまう良心や礼儀

時には弱点になってしまう良心や礼儀

サイコパスからすると善良な人達が持っている良心や優しさ、礼儀というものの存在は余計な足かせでしかないのです。

サイコパス自信もそれを持っているかのように振る舞う事はありますが、それはあくまでも自分が行っているゲームに勝つための演技であり、嘘なのです。

そしてその足かせをはめている人達は、サイコパスにとっては利用のしやすい獲物という認識になります。

相手がサイコパスやデミ・サイコパスかもしれないと思う場合には、多少冷たい人間だと思われたり、無礼に見えるようなリスクがあったとしても、はっきりとした言葉と態度で拒絶する事が必要になる場合もあります。

要注意!サイコパスに漬けこまれてしまう事がある

礼儀正しく接しようと心がけたり、相手を傷つけないよう穏便にすませようと心がける事で、かえってそのすきに漬けこまれてしまう事があるので注意が必要です。

しかし、相手に敵意を表したり、相手を侮辱したりする必要はあります。
あくまでも拒絶するという医師をはっきりと示す事が必要なのです。

 

サイコパスは愛情が無いので傷つかない

サイコパスは愛情が無いので傷つかない

サイコパスは自分以外の他人を、絆を結ぶ対象という風に見る事はありません。

サイコパスにとって他人は利用する為の道具でしかなく、愛情を持つという事はないのです。

なので、サイコパスは誰かに拒絶された場合であっても、愛情を持っている人達のように傷ついてしまったり、悲しみにくれるという事もないのです。

同情を装うという行為はサイコパスにとって得意分野でもありますが、その奥にある感情は非常に浅いものでしかないという事を覚えておく必要があります。

 

 

おわりに

サイコパスは決して本当の意味で傷つく事はない。

この事実だけでも知っておき、サイコパスかもしれないと疑わしき人物との人間関係をきっぱり切り捨てる事で、サイコパスと関係を持ってしまっている人であっても、多少は楽になれるかと思います。

サイコパスは決して本当の意味で傷つく事はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る