psychopath

サイコパスは愛情を持たない?愛情がないサイコパスの3つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
サイコパスは愛情を持たない?愛情がないサイコパスの3つの特徴

そもそも善意や良心という感情は、極限まで突き止めると愛情という感情を持っているからこそ、生まれてくる感情になります。

家族や恋人、友人、一緒に暮らしているペットに関しては言うまでもないですが、私達はテレビの中に写っている赤の他人や、物語やアニメに出てくる架空の人物にでさえ愛情を持つ事があります。

だからこそ、不必要に他人を傷つけたくないという感情が生まれますし、傷つけないように努力します。
また、仮に傷つけてしまった場合には罪悪感を持つのです。

しかし、サイコパスの場合は、この愛情そのものを持ち合わせていません。

 

愛情を持たないサイコパスの3つの特徴

① サイコパスは愛情が無い。執着だけを持っている

サイコパスは愛情が無い。執着だけを持っている

世間的にどれほど悪人だと思われている人であっても、その人物がサイコパスでない限り多少の愛情は持ち合わせているものです。

例えば、会社の社員を奴隷の様に扱っている悪徳経営者が、自分が一緒に暮らしているペットだけは必要以上にかわいがったり、マフィアのボスが平気で他人を殺した場合でも、自分の息子だけは溺愛しているというのも、心のどこかには愛情があるからこその行為です。

この事からも分かるように悪人は愛情を持っていないわけではなく、愛情の対象となっている範囲が極端に狭かったり、愛情の形が歪んでいたりするだけなのです。

 

② サイコパスは人やペットを愛するという感情が無い

サイコパスは人やペットを愛するという感情が無い

サイコパスは人やペットを愛するという感情が無いのです。

自分の恋人や家族、そして子供や一緒に暮らしているペットであっても、サイコパスにとってはアクセサリーや服、車などのと同じくらいの価値しかないも同然なのです。

誰かに奪われたり傷付けられてしまった場合には、自分の所有物を奪われた、傷つけられたという想いを感じ怒りを感じる事はあります。
しかし、心の底から悲しんだり、同情したりというような感情は無いのです。

サイコパスが誰かを愛するということはないのです。

なのでサイコパスは自分が接している相手に利用価値が無いと判断したら、何のためらいもなくその人間関係を放棄してしまうという特徴があります。

 

③ サイコパスには、愛情や愛着といった感情がない

サイコパスには、愛情や愛着といった感情がない

例えば、容姿にとても惹かれていて交際している相手がいたとします。

この相手の容姿が出会った当初と少しでも変わってしまえば、恋人であってもとたんに全く見向きもしなくなります。

また、自分の生活を支えていてくれた恋人や家族が、何らかの理由で金銭的な援助をしてくれなくなった途端、あっさりとその場から姿を消し、二度と姿を見せなくなったという事もあるのです。

 

 

おわりに

サイコパスには執着はあっても、愛情や愛着などといった感情は無いのです。

サイコパスには、執着しかなかったのです。

サイコパスには、愛情や愛着といった感情がない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る