psychopath

サイコパスの割合が多すぎる・・・あなたはもうサイコパスと出会っている?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
サイコパスの割合が多すぎる・・・あなたはもうサイコパスと出会っている?!

人口に大したサイコパスの割合、言い換えるのであれば、サイコパスの発生率というものは決して低いものではありません。

サイコパスと深く関わっているかどうかという点を分けて考えれば、恐らく人生を終えるまでのうち、1度もサイコパスと出会わないという人の方が少なくなるかと思います。

 

サイコパスの割合は25人に1人という恐怖

サイコパスの割合は25人に1人という恐怖

マーサ・スタウト博士の著書である『良心を持たない人たち』の副題は25人に1人の恐怖という題になっています。

あまり実感の湧きにくいものですが、米国社会ではなんと人口の4%の人がサイコパスであると言われているのです。

単純に人数の割合から計算するのであれば、1クラス30人程度の学校であれば学級事に1人か2人は、全く両親や善意を持っていない恐ろしい人間が紛れ込んでいるという計算になります。

これほどまでに高確率な割合で存在しているにも関わらず、特に大きな社会問題に発展するという事が少ないという事実こそ、サイコパスが社会や普通の人間の中に上手く紛れ込んでいるという証拠なのではないでしょうか。

 

サイコパスが発生する割合は地域差もある

サイコパスが発生する割合は地域差もある

サイコパスが発生・出現する確率というのは国や地域によってもかなりの差があるようです。

特に、日本などの東洋の国ではサイコパスの割合は大幅に低くなり、欧米社会の約10分の1程度であると言われています。

サイコパスの全てが犯罪者という事ではありませんが、日本の犯罪発生率が米国と比較して低いという事実の裏側にも、サイコパスの発生率の違いが関係しているのかもしれません。

例えば、現在日本で暮らしているのであれば、アメリカに住んでいる人と比較した場合、サイコパスの被害者になる確率ははるかに低くなると言えるでしょう。

サイコパスの被害者になる確率が低いからといって、サイコパスという存在を無視して生きていくという事はとても危険な事です。

200~300人の中に1人でもサイコパスが存在しているのであれば、学校内に1人、もしくはある程度の規模の会社であれば社内に複数人というレベルでサイコパスが存在しているという事になります。

こう考えればわかるように、結局のところいくら確率が低いとはいえ、サイコパスに出会う可能性は十分に考えられるからなのです。

 

 

おわりに

自分だけではなく自分の家族なども含めて考えた場合、その全員がサイコパスと1度も出会わずに人生を終えるという確率の方が、むしろ非常に低いと言えるのではないでしょうか。

あなたはもう…サイコパスと出会っているかもしれません…。

あなたはもうサイコパスと出会っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る