psychopath

サイコパスは不要な競争心・正義感は持たない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
サイコパスは不要な競争心・正義感は持たない

誰かと共に仕事をしていたりすると、時には自分の能力の方が上だ!という事を証明しようとして、相手を打ち負かそうという競争心が生まれる事がありますよね。

また、自分と近い人間関係にいる人や、同じ学級・同じ職場などにいる相手に対して
「あいつに○○をさせるのはやめた方が良い」
「○○をさせない方が彼の為になる」
というような考えを持つ事があるかと思います。

このような競争心や正義感は時には必要な物です。

しかし、もしもその相手がサイコパスであれば、このような競争心や正義感が結果的にトラブルの種を作り出す可能性を高める事になりかねないのです。

 

サイコパスは他人を煽るのが得意

サイコパスは他人を煽るのが得意

サイコパスは常日頃から刺激に飢えているので、他人の競争心を煽る事でどうにか支配ゲームに参加させようとするのが得意なのです。

例えばインターネットの世界であれば、不毛な議論や罵倒の応報の場所に相手を引き出すため、わざと人の反感を買うような言葉を意図的に書き込む釣りという行為があります。

サイコパスの行動はこれと似たような物なのです。

相手の行動や言動が許せないと思っても、それに反発させる事こそがサイコパスの狙いなのです。

なので、このような事があっても決して挑発に乗らない様に気をつけましょう。

 

問答無用の反撃をするサイコパス

問答無用の反撃をするサイコパス

状況によっては力比べによりサイコパスを打ち負かしたり、関わりを持っていく事でサイコパスの行動パターンをより、深く分析できるようになるかもしれませんね。

しかし、仮にサイコパスがこちらに悪意を持っていたり、あるいは冷静に”排除”しようと企んでいたのなら、その場合はこちらが想像もする事の出来ないルール無用の手段になってしまう可能性が大いに考えられます。

極端な話をするのであれば、少し口論になってしまっただけの事なのに、いきなり後ろから刃物で刺される可能性もゼロではないと言う事なのです。

 

改善することのできないサイコパスの本質

改善することのできないサイコパスの本質

サイコパスの本質は、どれほどこちらが権力を振りかざした場合であっても、はたまた愛情を持って接した場合でも、腕力で押さえつけて治そうとしても決して治る事はありません。

サイコパスの行動を治そうとする行為は、ネズミに空を飛ぶよう教えるのと同じであり、まさに徒労なのです。

全てが無駄な努力となってしまいます。

場合によっては、サイコパスの行動を正そうとする事で、逆恨みされる危険性もあるわけです。

おわり

相手がサイコパスかもしれないとわかった時点で、関わらないという行為こそが最良の選択肢になります。

サイコパスには関わらないのが一番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事


ページ上部へ戻る